コストを抑えて優良業者にお願いするには?失敗しない家屋解体。

 

こんにちは。栃木県塩谷郡に拠点を置き、家屋解体を中心とした各種解体工事を手掛けている椿解体です。


家の建て替えの時、古い家の解体はハウスメーカーにお願いする方も多いかもしれません。しかし、解体と建築は基本的に別の作業です。解体コストを抑えるためには、ハウスメーカーに依頼せず、直接専門業者に作業を発注するのがおすすめです。


今回は、解体工事を専門業者に依頼するときのステップをご紹介します。


■解体業者へ直接依頼するメリットと心構え


まず、解体をハウスメーカーに依頼する場合との違いを確認しましょう。


【メリット】

・直接発注するため、仲介業者であるハウスメーカーに支払うコストを削減できる

・解体作業者に直接自分の希望を伝えられる


自分で選んだ解体業者に直接工事を依頼すれば、解体コストの約1~3割を削減できます。ハウスメーカーの中間マージン分を払わずに済むからです。また、解体業者と直接話ができるので「これを残して」などの細かい要望を伝えられ、話の行き違いを防ぐことができます。


【心構え】

・手間と時間がかかる

・全て自己責任


解体業者探し、打ち合わせ、見積もり比較などに手間や時間がかかります。工事中の想定外の事態、業者のミスやトラブルにも施主が自己責任で対応しなければなりません。悪徳業者にひっかからないよう、業者を見極める心構えが必要です。


■ハッピーな「解体終了」を目指して!

次に、満足いく解体作業に必要な手順をご紹介します。



1.現地調査


正確な工事金額の算出には、業者による現地調査が必須です。何をどこまで解体するか、更地にするのか、次に建物を建築するのかなどの情報を共有します。専門業者からのアドバイスを受けて、無駄な作業を減らしましょう。


2.複数の業者からの見積りを


少なくとも3社に見積り作成を依頼し、比較すると良いでしょう。基本的に、見積りに費用はかかりません。このように相見積りを取る目的は、コストダウン以外にも以下の理由があります。


・相場を知り、適正価格を判断するため

・業者の対応の仕方や態度を判断するため

・極端に相場から逸脱した見積もりを出す怪しい業者を避けるため


「安さ」だけで業者を判断するのは危険です。これらを基準に、信頼できる業者を選びましょう。


3.工事開始


実作業は基本的に専門業者にお任せします。気付いた時に見学するなど、途中経過もざっくり把握できるとよいでしょう。


4.解体工事後の現場チェック


契約通りに工事が実施されたかはもちろん、見落としがちな以下の点も全てその場でチェックしましょう。


・平らに整地され、不自然な盛り上がりがないか


工事が雑で土地が平らになっていない、大きな石や岩などが残っているなどの場合は、きちんと処理してもらいましょう。不自然な土の盛り上がりなどは、基礎や解体のときに出た廃棄物を不法投棄して埋めている場合もあるので、説明を求めましょう。


・近隣の清掃や破損の状況


作業用車両の出入りなどで汚れた道路や周辺エリアの清掃、隣家の塀や家の周囲の道路や電信柱などを破損していないかも確認してください。工事前に現場周辺の写真を撮っておくのは、トラブルを避ける良い方法です。


5.支払い


仕上がりに納得できたら、期日までに指定の口座に振り込みましょう。万が一の時のために請求書・領収書などは必ず保管しておきましょう。


専門業者に依頼する場合、ハウスメーカーに丸投げした場合と比べれば、確かに手間はかかります。しかし、値段のチェック・打ち合わせ・仕上がりのチェックなどは、どこに依頼しても必要なステップです。


経験豊富な信頼できるプロの解体業者を探し、しっかり相談しながら工事を進めることが、トラブルなく解体作業を遂行するベストの方法です。


椿解体は、業界での経験が20年を超えるベテランの職人も在籍し、現場での想定外の事態にも柔軟に対応いたします。また、栃木県内でも珍しく、特別管理産業廃棄物処理業の許可を取得している業者ですから、アスベストなどの有害物や医療廃棄物の取扱いが可能です。木造解体から鉄骨解体、RC(鉄筋コンクリート)解体、内装解体、外構解体まで、様々な物件にも対応できるプロ集団です。


栃木県内で解体業者をお探しの際には、業者選定の選択肢にぜひ弊社も入れて頂ければ幸いです。