定期メンテナンスで倒壊を防ぐ。ブロック塀の危険性の見分け方

 


平成30年6月18日、最大震度6弱の大阪府北部地震が発生しました。この地震において、小学校や民家のブロック塀が倒壊し、通行者が亡くなられる被害が発生したことは記憶に新しいところです。その後、各地でブロック塀撤去の動きが強まりましたが、今なお残っている危険なブロック塀も少なくありません。そこで今回は、ブロック塀の危険度チェック方法や、放置する危険性について解説します。




■ブロック塀危険度チェックリスト


ブロック塀はいろいろな場所に建てられており、安全なものもあれば危険なものもあります。撤去が必要な危険なブロック塀を見極めるためには、以下の5つのポイントに注目してください。



1.塀の高さ


建築基準法により、ブロック塀の高さは最高でも地面から2.2mと定められています。大阪府北部地震で倒壊した小学校のブロック塀は、もともとあった1.9mの壁+目隠し目的で積み上げられたブロック1.6m(8段分)により、基準をはるかに上回る高さになっていました。高すぎると崩壊時の危険が増すので、必ず基準を守りましょう。



2.塀の厚さ


ブロック塀の厚さは原則15cm以上、高さが2m以下なら10cm以上と定められています。薄くて背の高い壁は、地震の横揺れに対して非常に弱いからです。高さと一緒に厚さもしっかりと計測しておきましょう。



3.控え壁の有無


出典:一般財団法人 日本建築防災協会


ブロック塀が長くなればなるほど、倒壊した時の危険度は増します。そのため、強度を上げるべく設置が義務付けられているのが、ブロック塀に対し直交に付けられた「控え壁」です。大阪府北部地震で倒壊した小学校のブロック塀は、高さの基準を守っていなかっただけでなく、控え壁も設置されていませんでした。


控え壁は、ブロック塀の高さが1.2m以上の場合に、長さ3.4m以下ごとに設置する必要があります。また、控え壁の長さはブロック塀の高さの1/5以上でなければなりません。たとえば、ブロック塀の高さが2mなら、ブロック塀の長さ3.4m以下ごとに長さ40cm以上の控え壁を設置すればいいわけです。



4.基礎の有無


頑丈なブロック塀を作るためには、しっかりしたコンクリートの基礎の上に建てなければなりません。基礎のないブロック塀は、地震などの際に根元から倒れてしまうおそれがあります。必ず基礎の有無を確認しましょう。ブロックが直接地面に埋められているように見える場所は、特に注意してください。



5.傾き、ひび割れ、その他の異状



傾きやひび割れなど、明らかな劣化が確認できるブロック塀は、当然ながら修繕する必要があります。また、大きな破損がなくても油断してはいけません。茶色い染みは内部の鉄筋の錆び汁、付着した白い物質はコンクリートの成分が溶けて固まったものです。こういった異状があるブロック塀は、見えないところで劣化が進んでいると考えましょう。




■ブロック塀を放置すると、死傷事故や損害賠償のリスクが!



紹介した5つのチェックポイントに1つでも当てはまっていれば、そのブロック塀は危険性が高いといえます。では、このようなブロック塀を放置すると、具体的にどのような問題が生じるのでしょうか。


1番大きなリスクは、冒頭でもご紹介した倒壊事故です。日本では地震や台風が多く、まだ大丈夫だろうと思っていても、あっさり倒壊してしまう可能性があります。そして、大阪府北部地震のケースが示しているように、死亡事故につながることも十分考えられるのです。


また、死傷事故を起こしたり人のものを壊したりすれば、損害賠償責任も問われます。「災害による事故なら自分の責任ではない」と思う方もいるかもしれませんが、安全基準を満たしていないブロック塀を放置していたのであれば、所有者が責任を取らなければならないのです。ブロック塀の安全確保は、所有者の重大な責務と考えなければなりません。


そこで、トラブル防止のために必ず行っておきたいのが、定期的なブロック塀のメンテナンスです。先に紹介したポイント以外にも、内部の鉄筋の正しい配置や基礎の適切な幅など、外見からはわからないチェックポイントはたくさんあります。少しでも危険度チェックで当てはまる項目があれば、早めに専門業者に相談するようにしましょう。



栃木県塩谷郡の椿解体では、各種解体工事を手がけています。栃木県内でも珍しい、特別管理産業廃棄物処理業の許可を取得しており、アスベストなどの有害物の収集・運搬も対応可能です。熟練の職人がどんな構造物でも解体しますので、ブロック塀を撤去したい時は弊社にお任せください!