部分解体で快適な住まいづくりを!

 


子供の独立などで生活が変化するのと同じように、時間の経過に伴って、お家も変化が求められるようになります。また、高齢になると2階への昇り降りが負担になったり、不必要な部屋の掃除が大変になったりと、コンパクトな住宅の方が暮らしやすいということもあります。


そんなときは、リフォームやリノベーションでの対応を検討する方も多いと思いますが、ほとんどの場合で部分解体工事が必要となってきます。部分解体とは、一体どのような工事なのでしょうか?

今回は、リフォームやリノベーションで行われる部分解体についてご紹介いたします。




■建物の部分解体とは?



「部分解体」とは、文字通り「部分的に解体すること」です。部分解体は、施設内にある老朽化した設備をするためや、使わなくなったスペースを取り壊して有効に活用するためといった目的により行われます。


作業内容によっては、解体というよりも撤去作業に近いケースも多くあります。部分解体は一般住宅をはじめ、倉庫や病院、工場、大型商業施設など、幅広い建物で行われている作業です。




■解体する際は構造のチェックも必須



家屋や建物の一部分だけを解体したり撤去したりすることは一般的に可能であり、全体を解体する必要がないケースが多く見受けられます。しかし、建物の構造によっては部分的な解体をすることが困難な状態のものもあります。そのため、部分解体を行う際は建物の構造をしっかりとチェックすることが必須です。建物それぞれで構造が異なるため、解体の難易度も千差万別であり、解体の作業内容は建物の構造によって判断されます。


また、解体後の安全を確保することも重要なポイントです。部分的に解体した後も、建物が安定的に建ち続けられるかどうかをしっかりと判断する必要があります。構造をチェックした上で、安全性に配慮しながら解体作業を進めていくことが大切です。このような安全の面から考えても、解体が必要になる場合は必ずプロの専門業者に依頼するようにしましょう。




■部分解体で土地を有効活用



住宅に長く住み続けていると、お庭の景観を変えたくなったり、駐車スペースが必要になったりすることもあるかと思います。部分解体によってブロック塀やアプローチ部分を解体してあげると、そのスペースに駐車場やお庭を作れるようになります。ほかにも、新築の建て替えやコインパーキングの設置などとして利用することもできますが、工事完了後にどのように有効利用していくのか検討しておくことが大切です。


目的によっては仕上げ方も大きく変わり、きれいに整地するための費用が上乗せされることも想定されます。解体することだけを目的とせずに、解体後の土地をどのように利用するのかも事前に考えておきましょう。




■まとめ


今回は、部分解体についてご紹介しました。一般住宅において、必ずしも全体を解体する必要はなく、部分解体によって理想のお住まいに近づけるようになります。目的に合わせて上手に部分解体を活用して、快適な住まいづくりを実現させてくださいね。


栃木県塩谷郡を拠点にした椿解体は、解体工事のエキスパートとして、家屋解体を中心に各種解体工事を手がけております。狭小地などで重機の使用が困難な現場では手作業での解体を行うなど、その場の状況に合わせた柔軟な施工が可能です。部分解体をはじめとする解体工事をご検討の方がいらっしゃいましたら、椿解体までぜひ一度お問い合わせください!