解体工事のポイント

分離発注のメリット

分離発注のメリット1

直接依頼で余分なコストをカット!

栃木県塩谷郡の椿解体は、直接ご依頼をいただく分離発注に対応しております。通常ハウスメーカー様や工務店様などに解体を依頼すると、そこから解体業者を仲介するため余分な中間マージンが発生してしまいます。解体業者に直接工事をご依頼いただけば、こうした余分なコストをカットすることが可能です。安く解体工事を行ないたい際にはぜひご検討ください。

イメージ

分離発注のメリット2

並行作業を行なえる業者がおすすめ!

解体工事の際には、別途他の工事が必要となるケースも少なくありません。その場合、他の工事との並行作業に対応できる業者であれば、トラックや重機などを共用することによってコストを削減することができます。別途工事をご依頼いただくと、それぞれの工事でトラックや重機の費用が掛かってしまい割高になることも。もちろん、椿解体は並行作業もよろこんで承ります。

分離発注のメリット3

不用品の事前処分で費用を抑えられます!

一般的に解体工事の費用には、工事で発生する廃材や、家具、電化製品、寝具、一般ごみなどの不用品を処分する廃棄費用も含まれています。しかし、業者が処分する場合、すべての廃棄物は産業廃棄物として扱われるため、通常の処分費用よりも高くなってしまうのが難点です。ご自身での処分が可能な不用品は、できるだけ事前に処分しておくことで費用を軽減できます。

事例

  • 家具

  • 電化製品

  • 寝具

  • 一般ごみ

分離発注のメリット4

閑散期ならお得に依頼できることも

さまざまな業界において言えることですが、解体業界では繁忙期と閑散期があります。通常は2月や9月が閑散期になってしまうケースが多く、その時期にはスケジュールの空きを作りたくないという理由から、割安の費用で工事を引き受けてくれる業者も珍しくありません。特にお急ぎでない場合や、業者の都合に予定を合わせられる場合は、この時期を狙うのもおすすめです。

追加費用

不用品の処分

家具や電化製品、寝具、一般ごみなどの不用品を解体業者が処分する場合、
追加での費用が必要となる場合がありますのでご注意を。

  • 家具

  • 電化製品

  • 寝具

  • 一般ごみ

地中障害物

工事中に浄化槽や二期基礎、ごみなどの地中障害物が発見された場合、
それらを撤去・処分するための追加費用が必要となります。

  • ごみ

  • 二次基礎

  • 浄化槽

  • 混廃ごみ

椿解体は追加費用なし!不用品も残したままでOKです!